ボタンエビ

3月にボタンエビ漁が解禁になりました。

高価な食材ではありますが、待ちに待って早速購入した人も多いのではないでしょうか。

ボタンエビはタラバエビ科の一種で、甘エビと同じく初めはオスとして育ち、

成長した後はメスに性転換するという変わった生態を持っているエビです。

お腹に赤い斑点があるのでその名前がついたということです。

ボタンエビは、お刺身はもちろんのこと、王道の天ぷらや殻つきのままの塩焼き、

もったいないかもしれませんがみそ汁にしてもとても美味しく頂けます。

ボタンエビは高級でお高いので筆者はお正月に奮発して塩焼きで食べるくらいで、普段はあまり食べる機会がありません。

しかし食べるとなると美味しくて一度に何尾も食べてしまいます。

エビの殻にはキチン・キトサンという食物繊維が含まれているので、

身と一緒に食べればちょっと食べ過ぎても肥満の防止をしてくれます。

身の方にはコレステロールや血圧を抑制してくれるタウリンが含まれていますし、

赤い色素成分にはアスタキサンチンが含まれていて身体の酸化を抑えてくれます。

せっかくボタンエビ漁が解禁になったばかりなのでたまには贅沢をして身体にも

良いエビを堪能するのもいいかもしれません。