ブドウエビ

水揚げされる量が少なくて希少価値の高い幻のエビ、ブドウエビ。標準和名はヒゴロモエビというそうです。

その名の通り、身体の色が葡萄のような紫色をしているのでブドウエビと呼ばれるようになったと言われています。

希少と言ってもインターネットでもお取り寄せ販売されているので、ブドウエビがいなくなってしまわないのかとちょっと心配になります。

特大のもので500グラム約1万円だったり2万6千円だったり、サイズにもよると思いますがかなり高額で売られています。

味はボタン海老よりも濃厚な甘みがあるのが特徴です。

また、卵はボタン海老と比較すると大きいのですが格段に数が少なく、これが生息数が少ない理由なのかと納得させられます。

ブドウエビを一番美味しく食べる方法は、やはり新鮮な生をお刺身で頂くのが良いとのことです。

大正エビが昔乱獲されてついには漁を減らさざるを得なくなり天然ものが減ってきて出回っているのは

ほとんど養殖ものになってしまったいうことがありましたが、

ブドウエビも乱獲乱売しないように今から手を打っておかないと絶滅する可能性も否めません。

海02