伊勢海老

絢爛豪華なごちそうの中にドーンと大きな伊勢海老が乗っているとこれぞ贅沢といった風情でとても幸せな気持ちになれます。

他の種類の海老と比べても身が大きくて食べ応えがあり、

刺身にして食べたり塩焼きしたりしてそのままの味を楽しむのはもちろんのこと、

ボイルしてパスタに入れたり伊勢海老のミソを混ぜてソースを作って焼いた海老にかけるとか色んな調理方法があります。

殻やミソや殻にくっついている身を使って出汁を取り、みそ汁にするとこれまた豪華な一品になります。

実は筆者は恥ずかしながら最近までロブスターと伊勢海老の区別がついておらず、

最近色んな食品偽装が暴かれたことによって知った次第です。

漁師さんの話によるとロブスターはあまり身に弾力がなくてミソも少ないけれど

伊勢海老の方は身がプリプリ引き締まっていて味噌もたっぷり入っているとのことです。

今度食べ比べられる時があったらぜひチャレンジしてみたいと思っています。

伊勢海老は、その生態が詳しくわかっていないために養殖するのが難しく、殆どが天然ものだそうです。

しかし徐々にその生態も解明されつつあり、養殖ものの伊勢海老が一般に出回るのもそう遠くはないかもしれません。