大正エビ

大正エビは別名コウライエビとも言われていて、身体の色は他のエビに比べて薄く、ほんのりピンク色です。

他のエビに比べると見た目はちょっとインパクトにかけるかもしれません。

しかし、天然ものの大正エビの甘みはエビの中でも一番と言う人もいるくらい昔は人気があり、よく食べられていたそうです。

しかしそれゆえに消費量が増えてエビが乱獲されたため、天然ものの大正エビが激減してしまったので漁を控えるようになったそうです。

それで今は天然で取れるのが難しくなり、現在出回っている大正エビのほとんどが養殖ものになってしまったということです。

最近日本ではブラックタイガーが良く出回っていて色んなエビの代用として重宝されていますが、

逆に新鮮な大正エビを口にすることは難しくなっていて、エビ好きな筆者にとってはとても残念なことです。

大正エビは遠洋漁業で取られるので刺身で食べる事は滅多にありませんが、天ぷらやフライなどにすると格別に美味しくなります。

エビチリなど炒め物にしても、プリプリの食感と甘辛いソースがあいまって旨さが発揮されます。

養殖ものの大正エビもなくならないように乱獲ならぬ乱食いに気を付けたいものです。